田中興産の事業 SERVICE

田中興産では不動産に関わるさまざまなニーズに応えるため、不動産事業、ヘルスケア事業、再生可能エネルギーの3つを展開。
まちづくりはもちろん、高齢化社会問題、循環型社会の実現という課題解決への協力を目指しています。

数字で見る田中興産

不動産賃貸事業
総部屋数 1782 部屋
再生可能エネルギーソーラー事業
総ワット数 31124 kW
ヘルスケア賃貸事業
総床数 464 床
ホテル事業
総区画数 103 区画

総事業費推移

不動産事業 REAL ESTATE

賃貸住宅を中心に不動産事業を実施しています。賃貸物件の売買はもちろん、用地取得から設計・建設、賃貸管理までを担当。福岡県内をメインに、熊本、愛知、大阪などにも物件を所有しています。
またオリジナルブランドとしてエリアごとのターゲットに合わせた賃貸マンション「LEGEND」(商標登録申請中)シリーズを展開しており、単身向けから4LDKまでワンランク上のハイクラスレジデンスとして人気を集めています。宅地用地の売却を検討している方の相談もお待ちしています。

実績 ACHIEVEMENTS

当社はTSR(東京商工リサーチ)の業種別利益TOP10においてランクインしました。
これは国内企業の収益力を公平に評価するもので、不動産業界の健全性と将来性を示す重要な指標です。

※㈱東京商工リサーチ2022年新春特集九州版業種別より引用

ヘルスケア事業 HEALTHCARE

高齢化社会の進展により、2025年には5人にひとりが75歳以上になる超高齢化社会を迎えます。介護問題は日本の大きな社会課題です。
高齢者施設不足、介護職員不足などが顕在化しており、それは北九州市でも同じように問題となっています。そこで田中興産ではこの問題解決に協力することを目指し、2021年にヘルスケア事業をスタート。ヘルスケア施設の用地取得や建設などに携わっています。
計画中のものも含めて現在7施設あり、今後注力していきたい事業のひとつとなっています。

ホテル事業 HOTEL BUSINESS

当社はホテル事業に参入することで、お客様に価値ある滞在体験を提供し、さらなる成長を実現することを目指しております。

当社のホテル事業は、「お客様に心からの安らぎと特別な時間を提供する」という理念のもと、常に進化し続けています。それぞれの地域の魅力を最大限に引き出し、訪れるすべてのゲストに最高のおもてなしを提供しています。

再生可能エネルギー事業 RENEWABLE ENERGY

2011年3月の東日本大震災で発生した福島第一原子力発電所事故を受け、再生可能エネルギーに注目が集まっています。そのため田中興産でも2012年から再エネ事業として太陽光発電所の建設に取り組んでいます。
2013年の嘉麻市才田発電所(嘉麻市稲築才田)を皮切りに、これまで9カ所の発電所を建設してきました(すべて売却済)。SDGsにより、改めて再生可能エネルギーの推進が求められる中、当社においてもさまざまな再生可能エネルギー事業を展開していきたいと考えています。